こんにちは。
医療コンサルタントの「Y」です。

1日を通してすっかり涼しくなり、季節は秋ですね。

秋と言えば私はやっぱり「食欲の秋」!
秋刀魚・松茸・牡蠣・きのこ・芋・栗・かぼちゃ…と美味しいものが沢山!
お店には秋メニューが並びワクワクしております。

でも、注意しないといけないのが、体重増加です。
食欲スイッチが入って気付いた時には…!!!
太ってる( ノД`)シクシク…

まさにその状況の私は久しぶりに体重計にのってみました。
結果はやはり…。

さらに、そのまま体重計にのっていると体脂肪率、BMI(Body Mass Index)、骨量、筋肉量が表示されWショック。今の体重計は色々なことがわかるんですね。

その中でも体脂肪率とBMIが乙女心としては気になりますが、特にBMIについて新事実があるのを知っていますか?

先日「林先生が驚く初耳学!」という番組でBMIについて放送されていました。
https://www.mbs.jp/mimi/

日本ではBMI22くらいが理想的、25以上で肥満とされていますが、実は25~30の肥満度1くらいが一番長生きなんだそう。
世界基準では、そもそも25は肥満ではないのだそうです。
「小太りくらいのほうが健康状態が良く免疫力も高く、がんや肺炎にもなりにくい」と、番組では専門家の方も触れられていました。

ちなみに、BMIの計算方法は…体重÷身長÷身長
体重は「kg」、身長は「m」単位を当てはめます。
160cm(つまり1.6m)、60kgの人は…60÷1.6÷1.6でBMI23.4となります。

世界基準で考えたら、日本の小太りが一番健康だなんてびっくりです!!
この情報に一安心?と思いつつ、注意しないと肥満への道に突入してしまいます。
食欲の秋はとっても魅力的ですが、食べ過ぎには注意して健康的な日々を送りたいですね(^^)

更新情報★疑義解釈資料の送付について(その8)
10月9日に発表されました。
在宅医療関連では「遠隔モニタリング加算」の疑義が掲載されています。
以下URLよりご確認くださいませ。https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000364033.pdf