今月の改定情報

こんにちは。
在宅医療コンサルタントの「Y」です。

最近は過ごしやすい日が続いていますね。
涼しくなったこの時期、夏の疲れが溜まり体調を崩したりしていませんか?
(特に今日の東京は寒いです…)

4月の改定から半年程経過し、新たな点数にも慣れてきた頃ではないでしょうか。
ここまで、事務の方は新点数を必死に追って算定されてきた事と思います。

改定直後は点数を追うのに精一杯…

改定後は疑義解釈も追加され、情報が日々更新されております。
この辺りで改定内容を改めて確認してみてもいいかもしれません。

当ブログでも情報掲載しておりますので、
過去の記事などご参考にしていただければと思います。

現在の新しい更新情報としては、平成30年度診療報酬改定について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411.html

上記URLの
【省令・告示】(6)の13に
「診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について」等の一部改正について(通知)平成30年8月31日」があります。

ここでは、「メニエール病又は遅発性内リンパ水腫の患者に対し非侵襲中耳加圧装置を用いた療養を実施する場合」、「C106在宅自己導尿指導管理料」を準用するという内容が追加となっております。

該当する医療機関様につきましては、詳細をご確認いただければと思います。

気温の変化が大きい季節ですが、体調崩さないように気を付けていきましょう(*^_^*)