診療報酬改定情報

こんにちは。在宅医療コンサルタントの「K」です。
冬季オリンピック、日本勢の素晴らしい活躍で連日賑わっていますね。
「少しでも速く」「少しでも遠くに」「少しでも高く」と、この舞台のために何年も練習を重ねてきた選手たちの思いや、姿に胸が熱くなります。
年々涙腺が弱くなっているのか、すぐ涙が・・・

そんなオリンピックが開催する少し前に重要な発表がありました。

次期診療報酬改定について、中央社会保険医療協議会(中医協)・総会は平成30年2月7日に、厚生労働大臣へ答申を行い、そこで改定の全容が明らかになりました。

■平成30年度診療報酬改定 答申について
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000193003.html

小児から高齢の方まで多様な地域での支援に向け、「かかりつけ機能」や「連携」を推進できるような点数配分が見受けられます。

在宅医療の分野においては、在宅医療を実施する医療機関が増え(現在すでに在宅医療を行っている医療機関は更なる質の向上が求められ)、地域を支える医療が各自治体に合う形で浸透されていくことが望まれています。

私たちも少しでも在宅医療を行なう先生方をサポートしていきたいと思います。
何かお困りな点がございましたら、一度ご相談ください。

弊社サポートについて
弊社サポート区域は原則東京23区内ですが、近隣地域のご相談もお受けしております。
また、遠方の場合でも、メール・電話相談サポート、単発訪問などを随時承っております。
「在宅医療をはじめてみたい」
「外来の休憩中に訪問すると何人くらいの患者様に訪問できるか」
「24時間体制をどう作るか」
「居宅療養管理指導とは?」
など、在宅医療をスタートしたい先生を応援しますのでお問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。